全国の潮干狩りスポットを大特集。スポット一覧、貝種別の採り方、砂出し・潮の吐かせ方、保存方法、食べ方などを紹介しています。

潮干狩り ロゴ
 潮干狩り大特集へのリンクは自由です。

日本、世界の星空をシミュレートするWebプラネタリウム、季節別や星座占いなど星座の一覧表、惑星や恒星の一覧表、天体写真ギャラリー、天体イベント情報などを紹介しています。

潮干狩りの服装、出典:イラストポップの無料イラスト 潮干狩りの持ち物、出典:イラストポップの無料イラスト
  • 潮干狩りの服装

帽 子  日差しを防ぐために必要です。
 夏はツバのある通気性の良い麦わら帽子などがよいです。
長袖の服  夏でも潮風に長時間さらされていると、体が冷えます。
 逆に、春も肩を出していると、真っ赤に日焼けします。
ズボン  太ももが隠れるぐらいの短パンが最高です。
 少しゆったり目の方が動きやすいです。
 貝殻や熊手で足を切らないように、長靴、地下足袋、ビーチサンダルなどを履きます。
 春は長靴、夏はビーチサンダルがよいです。 夏は周りに注意した上で、裸足や靴下も有りです。
タオル  日焼対策にも、防寒対策にも使える必需品です。
手袋、軍手  けがの防止や防寒に役立ちます。
サングラス、日焼け止め  春の紫外線は、案外強いものです。
着替え  当然濡れますので、お忘れなく。
 出来れば不測の事態に備えて、2着有るといいでしょう。

◎:これだけは持ちたい必需品、○:有るなら持ちたい物

  • 潮干狩りの持ち物

熊手やシャベル  潮干狩り場が砂場の場合は、熊手の方が良いです。
 潮干狩り場が粘土場の場合は、シャベル(スコップ)の方が良いです。
かご、網、バケツ  ハマグリとアサリだけが計量の対象になる事が多いので、貝の種類によって2,3個用意する。
 網目の細かいものは砂が詰まるので、あまり良くありません。
クーラーボックス  アサリは暑さに弱いので、クーラーボックスに入れて持ち帰ります。
 真夏は、保冷剤や氷もあるとよいです。
ペットボトル、ポリタンク  帰る時、足などを洗い流したり、
 貝の砂出し用に、海水をペットボトルに汲んで持ち帰ります。
ビニールシート  砂浜に座ったり、濡れた物を乗せたりと色々使えます。
キャリーカート/
(キャスター付きの移動車)
 電車で行く人には、必携品です。
 貝と海水を入れたクーラーはかなり重く、特に帰りは非常に楽になります。
その他  絆創膏と消毒薬なども、持っていくとよいです。

◎:これだけは持ちたい必需品、○:有るなら持ちたい物